横浜文化体育館
20180903094250HEEZs6G0MZhdAPGAwhn3tPQMDfsTqGvV.jpg

(公財)横浜市スポーツ協会
個人情報保護方針

 
横浜文化体育館

横浜文化体育館ファイナル事業第27号 文体お別れ施設見学会(最終号)
第27号 文体お別れ施設見学会(最終号)
 

 「文体」の愛称で親しまれた横浜文化体育館は、令和2(2020)年9月6日に58年の歴史に幕を閉じました。

 それから7日後の9月13日(日)に、「文体お別れ施設見学会」が行われました。

 この見学会は、建物を解体する前に、市民が最後に文体内に足を踏み入れることができる機会です。

 8月27日朝9時の受付開始とともに、文体の3本の電話が鳴り始めました。それから午後3時半まで途切れることなく電話は鳴り続け、300名の定員に達しました。ホームページで定員に達したことを掲載しても、それから1週間、電話は鳴り続け、500名以上の応募をいただきました。しかし、新型コロナ拡大防止で会場の密を避けることもあり、当日は、350名の方に来場していただきました。

 

 会場では、クイーンの「キラークイーン」など、文体でコンサートをしたアーティストの曲が流れる中を順路に沿って、観客席や舞台、アリーナ、ロビーを回っていただきました。

 観客席にじっくり座り、流れる音楽に耳を傾ける人、舞台では「文体ありがとう」と書かれた大きな看板の下で記念撮影をする人、アリーナでは床に寝転がり、肌で体育館を感じている人もいました。アリーナを出た内壁では、参加者皆さんの思い出をメッセージに綴っていただきました。「ありがとう!文体」「プロレスの文化の礎の一つでした」「ブラスバンドの聖地」「ゆず、サザン、高校文化祭、成人式に来たよ~!」などの熱いメッセージをいただきました。ロビーでは、58年間の歴史写真や大会ポスター、著名人からいただいたサインなどを見ていただきました。

 参加者の多くは、懐かしそうに何枚も館内の写真を撮っていました。

 最後に正面出口で、参加者と職員がお互いに「ありがとうございました。」と言って、別れを告げました。

 昭和37年5月11日に開館した文体は、令和2年9月13日午後3時15分に、最後のお客様を見送りました。

 

 感謝!感謝!感謝! 感謝しかありません。

 

 文体に関わったすべての方、そして、文体の建物にお礼を申し上げます。

 本当にありがとうございました。

 

  

令和2年9月14日

 

 

20190918165218acrlCra7Mi7R7xG1XK1V2XsACOILybZ5.jpg
 

横浜市スポーツ協会 20170303182736Gzl49n8jv7egSjgAAHyk5ysZ7dShARPS.gif
指定管理者:横浜市スポーツ協会・ミズノ共同事業体
2013年6月27日作成-2021年03月04日更新
2007-2017 Yokohama Sports Association. All Rights Reserved.