横浜文化体育館
20180903094250HEEZs6G0MZhdAPGAwhn3tPQMDfsTqGvV.jpg

(公財)横浜市体育協会
個人情報保護方針

 
横浜文化体育館
文体スポーツ&カルチャー

  受講生募集中!

横浜文化体育館館長あいさつ第4号 横浜文化体育館で行われたコンサート
第4号 横浜文化体育館で行われたコンサート

 横浜文化体育館にある資料によると、1962年の開館から2018年10月の56年の間に、海外アーティストが60組、日本のアーティストが130組を超える方々が公演をしていただいています。

 開館後初めてコンサートをしてくださったのが、三波春夫さんで、続いて村田英雄さん。島倉千代子さん、坂本九さんへと続きました。昭和の大スター石原裕次郎さんや、美空ひばりさんも、全盛期に公演をしてくださいました。御三家の西郷輝彦さん、橋幸夫さん、舟木一夫さんの公演はありましたが、新御三家では、西條秀樹さんのみでした。花の中三トリオの森昌子さん、桜田淳子さんにもお越しいただきました。また、石川さゆりさんや沢田研二さん、矢沢永吉さん、ピンクレディさん、BOOWYさん、中森明菜さんなどその時代に一世を風靡した方々に素敵なステージを見せていただきました。NHK紅白歌合戦のトリを飾る北島三郎さんにも力強い歌声を聴かせていただきました。


 海外アーティストでは、ザ・ベンチャーズさん、ポールモーリアさん、クイーンさん、サンタナさん、オリビア・ニュートン・ジョンさん、スティービーワンダーさん、ボン・ジョヴィさん、ホイットニーヒューストンさんなど国際的に有名な方々にも来日公演をしていただきました。しかし、1996年以降、海外アーティストの公演は残念ながらなくなってしまいました。



 海外アーティストだけではなく、コンサートでにぎわった横浜文化体育館は時代を重ねるごとに、その開催回数は減少していきました。特にその傾向が顕著に現れたのは、1989(平成元)年4月1日に開館した横浜アリーナの存在です。新横浜という好条件の立地で、最大で1万7千席を持つ多目的アリーナは、華麗な演出も可能で魅力ある施設として業界で認知されていきました。【横浜文化体育館の収容人数は5,000人】また、収容人数3万人の横浜スタジアムや7万2千人の日産スタジアムでの、大規模なコンサートが開かれるようになると、ますます横浜文化体育館でのコンサートは少なくなりました。


 そんな中で横浜にゆかりのある小田和正さんは2011年に、ゆずさんは、2012年、2017年、そして今年2018年10月にもコンサートを開いていただきました。

 横浜市中区出身といえば、原 由子さんですが、サザンオールスターズさんには過去に1979年、1981年、1982年と3回公演をしていただいております。


 横浜文化体育館は、横浜武道館が開館する2020年に閉館する予定ですが、ファイナルイベントとして、コンサートをたくさん開催できればと考えております。

 横浜にゆかりのある小田和正さんやサザンオールスターズさん、ゆずさんをはじめ、多くのアーティストの方々にコンサートに来ていただくことを祈願しています。

平成30年10月1日
 

公益財団法人横浜市体育協会 20170303182736Gzl49n8jv7egSjgAAHyk5ysZ7dShARPS.gifお問い合わせはこちら
指定管理者:公益財団法人横浜市体育協会・ミズノ共同事業体
2013年6月27日作成-2019年07月22日更新
2007-2017 Yokohama Sports Association. All Rights Reserved.