横浜文化体育館
20180903094250HEEZs6G0MZhdAPGAwhn3tPQMDfsTqGvV.jpg

(公財)横浜市体育協会
個人情報保護方針

 
横浜文化体育館
文体スポーツ&カルチャー

  受講生募集中!

横浜文化体育館館長あいさつ第9号 横浜武道館のここが素晴らしい!
第9号 横浜武道館のここが素晴らしい!

 横浜武道館は、2020年の開館を目指して、旧横浜総合高校跡地である横浜市中区翁町に建設が進んでいます。横浜市の公共施設で本格的な武道場を持つ施設が建設されたのが初めてであり、武道関係者の長年の願いがいよいよ成就することになります。

横浜市は、横浜武道館と本館建て替えで建設するメインアリーナとともに、関内駅周辺地区のまちづくりのリーディングプロジェクトとして位置付けています。横浜市の中心的な役割を担う体育館として、新たなスポーツ振興の拠点とするとともに、にぎわいの創出など地域の活性化に期待されています。

今回は、現在の横浜文化体育館と横浜武道館を比べて、その素晴らしさを実感していただきたいと思います。

まず、感じることは外観が違います。現在の文体は、昭和を代表する建物で、明るく光を多く取り入れるために多方面がガラス張りと白い壁で覆われています。

横浜武道館は、ピッチの細かい木調ルーバーによる繊細で趣向を凝らした表現により、日本建築の大屋根を彷彿させる質実剛健の建物をイメージずるデザインになっています。

※ルーバーは、羽板と呼ばれる細長い薄板を、枠組みに隙間をあけて平行に組んだもの

20190225184853og4Yg8yvnlkIJYPNeoNAeHWMfyrpG7jH.jpg

                  ◆完成イメージ図のパース図に関する著作権は以下に帰属します。

横浜武道館  :梓設計・フジタ 設計共同企業体

最大の違いは、その施設規模です。横浜武道館は、現行の体育館に比べて、一回り大きい広さを持っています。バスケットボールコートにすると2面から3面へと広くなっています。バレーボール、バドミントン、卓球などの競技種目も、同様に多くの面数をとれるようになっています。このことで現行より多くの方が参加する大規模な大会でも、時間を短縮して効率よく運営できるようになります。

そして、そのアリーナに加えて、柔道の試合が4面できる広さを持つ武道場が併設されています。

武道場には、観客席が約500席設置されています。

他にも現行との違いを下記の表で比べていただくと、その素晴らしさがわかると思います。

20190225185016TLHXD1lJM68OJWElVDFN4Mc7gym3lTWx.jpg

ただ一つ寂しいことは、常設の舞台がなくなったことです。

しかし、今後は、イベントに応じた多機能な舞台を設営して、多様な演出がなされるのではないかと期待しています。

     平成31年2月26日

2019091909355416jA8gvH8KyFYdD9uwAcoiZDdSw16RvQ.jpg

 

公益財団法人横浜市体育協会 20170303182736Gzl49n8jv7egSjgAAHyk5ysZ7dShARPS.gifお問い合わせはこちら
指定管理者:公益財団法人横浜市体育協会・ミズノ共同事業体
2013年6月27日作成-2019年10月15日更新
2007-2017 Yokohama Sports Association. All Rights Reserved.