横浜文化体育館

横浜文化体育館館長あいさつ第15号 文体での懐かしい想い出
第15号 文体での懐かしい想い出

 昭和37(1962)年5月1日に開設した横浜文化体育館は、令和2(2020)年9月6日に、58年の歴史に幕を閉じることになりました。

 閉館1年前にあたる令和元(2019)年9月6日には、「ファイナル告知看板(12m×2m)下記上の写真」を正面入口のガラス壁面上部に掲げます。

 そして、この日から、市民の皆様から文体に関する「写真」「エピソード」等の募集を開始します。

 これは市民の皆様と一緒に、今まで横浜文化体育館で開催された国際大会、市民大会、成人式、卒業式、コンサートなどの想い出のシーンや歴史を振り返り、分かち合うことを目的にしています。

 

 

 58年間の長い期間では、横浜文化体育館に延べ2,500万人を超える方々が訪れています。横浜市民の方ならば、一度は訪れたことがあるのではないでしょうか?特に年配の方々は、成人式で来られたという方も多くいらっしゃると思います。横浜市の成人式は、昭和38年から平成元(1989)年の横浜アリーナ開設まで、ここ文体で、毎年開催されてきました。

 実は、私も、横浜文化体育館で開催された成人式に出席したうちの一人です。

 今でも、鮮明に覚えております。

 その当時、大学2年生だった私は、幼馴染のSさんと私の自宅前で母親に写真を撮ってもらい、初めて袖を通した紺色のスーツを着て、横浜文化体育館に出かけました。スーツとネクタイは、成人式の2週間ぐらい前に母親と一緒に中山駅前の紳士服店で購入したことを覚えております。亡き母が選んでくれたえんじ色のネクタイは、今でも大切に保管しています。

 成人式当日に横浜文化体育館に着くと、久しぶりに小学生や中学生の同級生に会い、笑顔いっぱいで、近況報告をしあいました。

 式の終了後に、中学生の同級生と飲みに行く話で盛り上がりましたが、その時に大学の後期試験中の私は、残念ながら涙をのみ、家路に帰りました。今でも、「なんでこんな日に、大学は試験をするんだ!」と、周りの友達にぷんぷん文句を言っていたことを覚えています。

 その他にも横浜文化体育館には、大学の友人が出場した空手の試合に応援に来たり、小田和正さんのコンサートに来たりすることもありました。

 

 皆さんにも、文体での懐かしい想い出が、少なからず一つはあるのではないでしょうか?

 もしもよろしかったら、ぜひ、この機会に思い出を振り返り、写真やエピソードなどを、文体まで送っていただければと思います。

  応募していただいた作品は、横浜文化体育館のホームページやファイナルの記念誌にできるだけ掲載をさせていただければと考えています。また、抽選になってしまいますが、30名様に記念品を、記念誌に掲載された方には記念誌をプレゼントさせていただきます。できるだけ多くの市民の方々に、ご応募いただければ幸いです。

 どうぞよろしくお願いいたします。

 

  

                           令和元年8月19日

2019091909355416jA8gvH8KyFYdD9uwAcoiZDdSw16RvQ.jpg

 

横浜市スポーツ協会 20170303182736Gzl49n8jv7egSjgAAHyk5ysZ7dShARPS.gifお問い合わせはこちら
指定管理者:横浜市スポーツ協会・ミズノ共同事業体
2013年6月27日作成-2020年07月11日更新
2007-2017 Yokohama Sports Association. All Rights Reserved.