横浜市くろがね青少年野外活動センター
利用案内


利用条件 申込方法 市内・市外施設の夏季の利用について 利用形態 利用手引き 申込書類のダウンロード 利用料金
貸出物品・販売 利用時間

利用条件

適切な活動内容を持ち、営利を目的としない指導者または責任者の引率する以下の団体とします。
*横浜市内に所在する青少年、または野外活動を目的とする団体
*横浜市民を対象とした野外活動事業や研修事業を展開する団体
*横浜市の学校等教育機関
*その他特に横浜市こども青少年局が認めたもの
◎宿泊は20人よりご利用いただけます。

申込方法

· 利用日の3カ月前の第1日曜日午後2時からセンターにて抽選を行います。

· 夏季期間(721日から831日)については、「夏期の利用について」をご覧ください。

· 抽選日以降の申込は、利用したい日の20日前までに直接または電話で受付します。

· 所定の申請用紙に必要事項を記入し事前打ち合わせの際にご持参ください。

· 抽選会は1団体1回の参加です。重複参加はできません。

· 宿泊利用に日帰り利用を含めて予約をすることはできません。

抽選会の日程はこちら

市内施設(くろがね・こども自然・三ツ沢)の夏期の利用について

2020年度の夏期期間(7月21日から8月31日迄)につきましては、

新型コロナウイルス感染症の終息が見込めないため、抽選会への当日参加を中止とさせて頂きます。

夏季期間のご利用を希望される団体は、施設利用抽選会事前申込み手続きに従い、

4月19日から5月8日の間にお申し込みください。

*抽選会当日(5月9日)は、センター来所による受付は行いません。

予めご了承ください。

   

くろがね青少年野外活動センターは下記日程が抽選対象外となります。

予めご了承ください。

【予約不可日程(日帰り)】

7月27日、8月1日・2日・10日・15日・22日

 

  利用方法:くろがね夏期の利用方法はこちら。(PDF)

  事前申込書:申込書(Excel)申込書(PDF)

 

市外施設(赤城・南伊豆)の夏期の利用について

横浜市少年自然の家赤城林間学園 

②横浜市少年自然の家南伊豆臨海学園

抽選会場:公益財団法人横浜市スポーツ協会 事務局地下会議室

抽選日時:2020年5月10日(日)

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、日程が変更になる場合もございます。

     ①11:00より抽選開始 ②13:00より抽選開始

※いずれも30分前に受付開始 

※ご希望の施設によって抽選開始時間が異なりますのでご注意ください。

  

 

利用形態

団体利用

20名以上)

家族利用

(概ね10名以下)

利用の手引きのダウンロード

・手引き                               

PDF版【1642kb】

医療機関案内590kb】

 ・料金表                               

クラフト【216kb】、

販売・レンタル物品・食材等【512kb】

申込書類のダウンロード

ワード版 【79kb

PDF版 【232kb

申請書記入見本183kb

利用料金

施設使用料

無料

日帰り時間外利用 1,550円/1時間以内
光熱水費 横浜市内の方 1日 170円/1人 
横浜市外の方 1日 220円/1人

シーツクリーニング代(宿泊)

寝具リース代

310円

210円(1泊)


・野外炊事用
・キャンプファイアー用

560円/1束

丸太
・キャンプファイアー用

560円/1本

※その他 クラフト等を実施される際は、別途費用がかかります。

貸出物品

炊事セット 野外用食器セット 鉄板セット 餅つきセット

 

物品販売・食材販売・レンタル・クラフト

物品購入・レンタル  食材販売  クラフト

 

利用時間

<日帰り利用> 

9:00~16:00  (野外炊事場は15:00までの利用になります)

<宿泊利用>  

13:00~翌11:00 (野外炊事場は15:00以降の利用になります)


このサイトでは、PDFファイルを使用しているページがあります。
PDFデータをご覧になるにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、下のロゴをクリックし、ダウンロードしてください。(無料)

 

公益財団法人横浜市スポーツ協会

指定管理者:公益財団法人横浜市スポーツ協会  お問い合わせ  2008年11月17日作成-2020年07月02日更新

2007-2017 Yokohama Sports Association. All Rights Reserved.

各ページに掲載の記事、写真・画像の無断転載、加工しての使用を禁じます。