横浜市鶴見川漕艇場

連日猛暑が続いていますがいかがお過ごしでしょうか。89日羽田空港は38℃にまでなりました。それでも朝鶴見川土手の草むらからは秋に鳴く虫の声が聞かれる今日この頃です。漕艇場だより8月18日号をお届けします。


89日つるみサマーフレンド2016が開催されました〉
 

これは鶴見区社会福祉協議会が主催するイベントで、障害がある子供を対象としたボート体験乗艇会です。横浜市ボート協会をはじめ、高校生ボランティアの協力を得て行われました。当日は快晴微風波もなく暑さを除けばボート日和でした。参加者の皆さん初めてのボートはいかがでしたか?みなさんが乗られたチャーチボートは日本にこの一艇しかない珍しいボートです。

そしてボランティア活動に参加された皆さんお疲れ様でした。この経験をまたの機会に活かしてください。

今回使用した艇は14人漕ぎのチャーチボート


〈8月2日~8月12日ボート夏休み集中トレーニングが開催されました〉
 

このトレーニングは市内在住または在学中の小学生から高校生を対象とし、指導には日本ボート協会認定インストラクターが当たるという豪華なトレーニングです。

期間中は猛暑の中、午前午後の実技をはじめ、理論も学びました。受講生の皆さんお疲れ様でした。夏休みの良い思い出になると思います。夏休みの宿題も忘れずに頑張ってください。宿題に関しては指導員をご紹介できません。

エルゴメーターについて指導員の説明を熱心に聴く受講生


 使用する艇はナックルフォア、オーシャンスカル、クオドルプルと多種にわたります



〈8月11日カヌー教室が開催されました〉

 今回は連日続く猛暑の為か、直前キャンセルが多く参加者は8名でした。参加した8名の方は「それでもカヌーをやりたい」という方々でしたので、とても熱心に練習に励んでいました。

 黄色のカヤックは慣れるのがとても速い小中学生のグループ


 こちらはより安定感のあるカヤックを使用した大人のグループ


漕艇場のカヌー教室では、直進性に優れボリュームがあり安定感のあるタイプと、旋回性能に優れたタイプを使用しています。教室では旋回性能を同じにする為フィンを取り付け調整しています。機会があればフィンを外したスラローム艇と直進性が強いツーリング艇、両方試すことをお勧めします。参加者の皆様お疲れ様でした。



〈8月14日ボート教室が開催されました〉

今年度4回目のボート教室が開かれました。当日天候は薄曇り、南東の風4~5/s。参加者の半分は小中学生、8月11日のカヌー教室に参加したかをもチラホラ見受けました。そのチャレンジ精神に敬意を表します。

艇は左右オールを別々に握るオ-シャンスカルをまず体験


そして1本のオールを両手で握るナックルフォアを体験


参加者の皆様、水面から見る鶴見川の風景はいかがでしたか、川面を渡る風もいつもとは少し違ったものに感じられたかもしれません。またのお越しをお待ち申し上げます。

「漕艇場だより」次回は9月4日予定の「鶴見川クリーンナップ作戦」および「安全講習会」の模様をお伝えする予定です。


 

公益財団法人横浜市スポーツ協会

管理・運営:公益財団法人横浜市スポーツ協会  2008年11月17日作成-2021年11月29日更新

2007-2017 Yokohama Sports Association. All Rights Reserved.