横浜市鶴見スポーツセンター

障がいのある方へ




公益財団法人横浜市体育協会は、「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律(バリアフリー法)」及び「横浜市福祉のまちづくり条例」の理念に則り、指定管理者として当スポーツセンターを誰もが使いやすい施設づくりを目指しております。

【施設平面図】


【設備編】


◎駐車場

障害がある方のために、駐車場を2台確保しています。
お帰りの際に、障害者手帳を受付窓口にご提示いただきますと、駐車料金を全額免除します。

・駐車区画(縦560cm×横230cm)

◎スロープ

正面入口の左右にスロープを設置しています。
また、お車でお越しの方は、スロープ前で降車
できます。


・手すり:高さ75cm
・スロープ幅:95cm

◎多目的トイレ

多目的トイレ内には、手すり、ベビーシート、洗面台を設置しています。
また、緊急時の呼び出しボタンは、事務所につながり、いざと言うときに職員が駆けつけます。

・出入口の幅:75cm( ドア開時)

◎エレベーター

2階へ行く際に、移動が困難な方は、エレベーターをご利用ください

・手すり高さ:80cm、正面に鏡あり
 ・出入口の幅:80cm
 ・奥行:130cm、幅:130cm
 ・副制御装置の中心までの高さ:100cm





◎受付窓口での対応

筆談具、拡大鏡を用意しています。
 また、お手伝いが必要な方は、受付窓口までお立ち寄りください。

【利用編】

◎個人利用

個人利用でトレーニング室、バドミントン、卓球をご利用される方は、障害者手帳を事前に提示いただければ、利用料金が半額となります。
また、ご同伴されて、個人利用をする介護者につきましても、利用料金が半額となります。

なお、車イスで卓球を利用される方は、バリアフリー卓球台(4台)を配備しています。
 

横浜市鶴見スポーツセンターの設置目的と運営方針お問い合わせ

公益財団法人横浜市体育協会

指定管理者:公益財団法人横浜市体育協会  2008年11月17日作成-2019年03月23日更新

2007-2017 Yokohama Sports Association. All Rights Reserved.

各ページに掲載の記事、写真・画像の無断転載、加工しての使用を禁じます。